浜風の家ができるまで

 ○ 阪神・淡路大震災    95.1.17(H7)

1995. 3.    山形裕久さんが中心となって建設の動きが起こり、96年秋、現理事長
藤本義一さんが呼びかけ人代表となり、建設準備会できる
1996.10.    社会福祉法人のぞみ会設立
1998. 1.17  仮称「希望の家」の建設について、建設準備会代表藤本義一氏が記者
発表4月着工今年中の完成を目指す
2.    藤本義一氏を理事長に。理事、監事を決める。初代施設長として難波郁子
さんを内定
2.20  芦屋市浜風町で現地説明会を実施
4.    名称を公募したところ応募407通となる
5. 1. 兵庫県から社会福祉法人「のぞみ会」認可される
5. 5. 名称は震災遺児代表瓜谷大輔君を選者として、兵庫県氷上郡の村岡隆司
さん発案の「浜風の家」に決定。 「海からの風を体いっぱいに受け、世界に
羽ばたく子たちに育てていきたい」という願い
5.15. 起工式
12.26. 木造二階建てログハウス風「浜風の家」完成、引き渡し
1999. 1.17 開館。オープン・セレモニー( 「きぼうの像」除幕式、植樹祭、ピアノ開き、
オープニングコンサート等)
3.10. 地域連絡会開催
5. 1. 難波郁子さん退任。二代目施設長として、奥尾英昭さん着任
8.16. 「浜風の家」が児童館(児童厚生施設)として設置認可を受けた旨の通知を
芦屋市福祉事務所長より受ける(認可は4.1付)
9. 1. 浜風通信「いま、浜風の家で」創刊。「浜風の家あんない」発行
12. 2. トルコ北西部大地震の被災地へ救援物資を送る

9. 7. 津島厚生大臣ご視察

2001. 1.12~14. 第1回浜風の家子どもフェスティバル開催ー人形劇まつりー
1.13. 人形劇団はまかぜっこ旗上げ公演(「奥池伝説」ほか)
2.26.  エルサルバドル大地震の被災地へ救援物資送る
3.17. インド西部大地震チャリティーコンサート実施
7.17.~8.10. エルサルバドル大地震復興児童絵画展開催
7.31.  影絵人形劇「とべないホタル」公演